【クロムクロ】第6話 ヤジ馬茅原、戦場in富山きときと空港、エフィドルグ?【感想】



 

【クロムクロ】第6話、管理人の感想&Twitterでの反応まとめです。

 

ピックアップシーン

 1:ヤジ馬生配信野郎

6-1

戦闘が始まり、一般市民には避難指示。

しかしながらこの第5話で美夏ちゃんの太ももを盗撮してた茅原純大君は、

野次馬魂に火が付く。

現場へと突入していく。

絶対巻き込まれるパターンだこれ・・・

 

 2:一撃

6-2

相手の刀がクロムクロを貫いた瞬間。

これ剣之介避けてなかったら真っ二つだよぉ・・・

由希奈ちゃんも生きた心地がしてない表情。

命がけの戦いだな、これは。

 

 3:焼き糞

6-3

到着したGAUSチーム2体と相手の取り巻き2体の対決。

ソフィー機が関節技で固めたところにトムさんのゼロ距離射撃で〆。

関節技はソフィー&セバス機ならでは。

トムさん、焼き糞ってもう何なのか分からないっす・・・

トム語録やべーな。

 

 4:繊細な戦闘シーン

6-4-16-4-2

この戦闘シーンが本当に素晴らしかった。

特にここの流れ。

パイルバンカー腹パンで相手の状態を浮かし、浮いた状態の相手の懐に入る。

そして相手の刀を奪い、ブスリッ。

ロボット対ロボットとは思えない動きの細かさ。

銃バンバンの戦闘も派手でいいですけど、クロムクロのような繊細な戦闘も見ごたえがありますね。

 5:敵の正体

6-5

相手の機体にもパイロットがいたのか・・・

しかもかなりのイケメンさん。

このイケメンさんは、クロムクロの起源はイケメンさん達の国の「エフィドルグ」であるとのこと。

地球にクロムクロがあるのが異端っぽいですね。

 

 6:自爆

6-6

エフィドルグでもハラキリ文化はあるようで。

物凄くデカい自爆。

野次馬の茅原と赤城、絶対巻き込まれたよなこれ。

茅原はともかくとして、赤城君は可哀想だなー。

野次馬茅原を止めきれなかった報いなのかこれは。

これで生きてたら凄いな。

 

感想

濃厚な戦闘回でした。

いやークロムクロの戦闘シーンはいいですねー。

人対人を見ているかのような繊細さね!

もっと評価されるべきだと思います。

そして今回、相手側の正体が明らかになりましたね。

名はエフィドルグ。

人っぽいですけどなんで宇宙にいるのか分かりませんね。

そこらへんもそのうち解明されるのかな?

ストーリーに大分動きが出てきて、さらに面白くなってきましたねクロムクロ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。