【Rewrite】第6話感想 ルチアと静流の戦力差、瑚太朗と篝と大きな木、過激派思想の朱音さん【リライト】


 

【Rewrite】第6話、管理人の感想&Twitterでの反応まとめです。

 

第6話 「オカ研活動記録」

 スタッフ

脚本  :あおしまたかし
絵コンテ:吉田泰三
演出  :森義博
作画監督:糸島雅彦、山内則康、鎌田均

 キャスト

天王寺瑚太朗 :森田成一    
神戸小鳥   :斎藤千和    
鳳ちはや   :篠宮沙弥    
千里朱音   :喜多村英梨   
中津静流   :すずきけいこ  
此花ルチア  :朝樹りさ    
篝      :花澤香菜
吉野晴彦   :柳田淳一
鳳咲夜    :小西克幸
ちびもす   :西明日香
井上     :渡邉佳美
女子     :早瀬莉花
店のおばちゃん:亜城めぐ

 

ピックアップシーン

 1:約束のメイド服

ルチアのメイド服

瑚太朗との約束通り、メイド服を着たルチア。

冗談っぽい約束もしっかり守る、本当に真面目だなこの子w

さすが委員長。

 

にしてもルチアちゃんの胸、本当に大きいな・・・w

 

 2:胸囲の戦力差

瑚太朗と静流ルチアの胸に挟まれる瑚太朗の腕

ルチアと静流に挟まれる瑚太朗。

ついでに腕もルチアの胸に挟まれる瑚太朗。

ハーレム主人公っぽさがでてきたなw

 

静流に嫉妬したり名前呼びをしたり、ルチアちゃん落ちてますねこれは。

 

 3:ちびもす=3吉野

ちびもすちびもすと瑚太朗

3吉野という、吉野の3倍の力を持ったちびもす。

瑚太朗、10m以上は軽く吹き飛んでるな。

瑚太朗じゃなかったら内臓とかやられてそう・・・

こんな愛玩動物的な見た目なのに、危険すぎるw

 

 4:毒沼

毒沼

森の奥にあった毒沼。

ネズミ?も毒のおかげで遺伝子に変異が起きるほど。

まず色からヤバイっていうw

臭いを嗅いだだけでも意識飛びそうですね。

 

 5:篝と大きな木の下で

篝と大きな木小さい朱音小さい小鳥

樹齢1000年近くはありそうな、とんでもなく大きな木。

そこにいるのは篝ちゃん。

瑚太朗の昔の記憶?がよみがえったりと、ストーリーの根っこの部分っぽい?

小さいころの小鳥と朱音さんも記憶にあったのが、気になります。

 

第1話でも、これと似たような場面が出てきてましたね。

 

 6:全部人間が悪い

朱音

環境を汚す元である人間を滅ぼせばいい。

確かにその通りだけども・・・

ちょいと極論すぎませんか、朱音さん。

 

それにしても朱音さん、ダークな一面が見えてますけど・・・

この人も謎が多い人物ですが、かなりの過激派ってことは間違いないなw

 

 7:井上失踪

井上失踪

井上は瑚太朗に虹沼に行くって言ったっきり。

失踪か・・・

虹沼に足を滑らしたエンドじゃないといいけど。

もしそうだとしたらエグすぎるw

 

感想

前半は何事もない平和な日常系。

後半は瑚太朗の記憶、朱音さんのダークな一面、井上失踪とボリューム満点。

色々伏線を張り過ぎて回収できるのかどうか、少し心配になりますねw

 

最終的に誰ルートのエンディングで終わるんだろうか。

朱音さんの胸を触る的なイベントが本当にあるなら、是非回収して欲しいw

 

放送関連商品


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。