『夢がここから始まるよ』の演出が最高過ぎた件!ラブライブ虹ヶ咲アニメ13話最終回の感想!

侑ちゃんと虹ヶ咲スクールアイドル同好会のメンバー

めにー

こんにちは、めにー(@many_anime)です!

虹ヶ咲スクールアイドル同好会の最終回、13話・・・

お世辞抜きで最高の最終回だったと思います。

特に最後の『夢がここから始まるよ』ライブシーンで語りたい事が山ほど。

お時間が無い方はライブシーンの感想だけでもお付き合いいただけると幸いです。


ネタバレを含む内容となっているので、アニメ本編視聴済みを推奨します!

U-NEXTもしくはdアニメストアでの視聴がオススメです!


それでは『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』第13話、めにーの感想まとめです!


前回の『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』第12話感想記事も合わせてご覧ください!

ローダンセの花と高咲侑

ラブライブ虹ヶ咲アニメ12話の感想!ローダンセの花に込めた侑ちゃんの変わらぬ思い



『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』アニメ第13話の感想

せつ菜と歩夢が隠したノート

ノートを隠すせつ菜と歩夢
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

様子を見る限り侑ちゃんには秘密のノートをやり取りする歩夢とせつ菜。

その後の本編では虹ヶ咲アイドルメンバーの間で秘密裏に渡されているシーンがちらほら。

結局、このノートの正体は分からないまま最終回は終えてしまいます。

これは2期への伏線なのか?という事を考えてしまいます。

もしくはブルーレイの最終巻にこのノートが特典付録として付いてくる説。

これをやるならかなりの売り上げ上昇が見込めそう・・・


アイドルの卵を応援する果林パイセン

最終回の朝香果林
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

スクールアイドルを始めるか迷っていた女学生に対して手を差し伸べる果林パイセン。

朝香果林

やりたいと思った時から始まっているのよ。

こちらは第5話にてエマが果林に送った言葉。

エマから受け取った言葉を今度は果林から送るというかなり熱いシーン。

13話の中で個人的には上位に入るくらい好きなシーンです。


 

どこでもかすみんvsしずく&せつ菜

どこでもかすみん
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

かすみんボックスをそのまま巨大化させた、どこでもかすみん

これを人力で神輿のように担いでいるという不安定さよ・・・w

せつ菜のライブ会場に乱入するというハプニング?が発生。

ここから始まったレンジャーショー的展開。

しずくスカイブルーハリケーン
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

桜坂しずくのしずくスカイブルーハリケーンにより、かすみんの攻撃を鎮圧。

しずくの今後の方向性の幅に広がりを見せたシーン。

せつ菜スカーレットストーム
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

続く攻撃、せつ菜スカーレットストームにてかすみんもろとも粉砕!

せつ菜スカーレットストームとは虹ヶ咲のライブイベントで声優の楠木ともりさんが自己紹介時に使うコール&レスポンス

その時のコール&レスポンスがアニメに輸入された形です。

悪役の中須かすみ
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

小悪党役がこんなに似合うスクールアイドルは中須かすみを差し置いて他にはいないだろう。

グヌヌ顔をさせれば世界一まである。


最終回でもしずかす&あいりな

虹ヶ咲は全13話を通して目立ったカップリングでの絡み。

中須かすみにアクセサリーをプレゼントする桜坂しずく
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

ボサボサのかすみんの髪を整えてあげ、更にはアクセサリーをプレゼントするしずく。

第12話のCパートでしずくがアクセサリーを選んでいるカットがありましたが、恐らくかすみんへのプレゼントを選んでいた説が濃厚。

細かい伏線を散らばめ、そしてさり気なく回収する。

公式によるしずかす推しがヤバイ。

天王寺璃奈に抱き着く宮下愛
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

こちらも負けじと友情を確かめ合う愛さんとりなりー。

愛さんのりなりーは私の物感が満載のこの目線よ・・・

誰も邪魔はできやしない。

百合ヶ咲、本当に最後までお世話になりました。


侑ちゃんの手を引っ張る歩夢

突然の雨により失敗に終わりそうになったスクールアイドルフェスティバル。

新しいことに挑戦するための自信を持ちたい侑ちゃんに立ちふさがった壁。

ただ、副会長のはからいで1ステージだけ出来る事になり光が差し込みます。

侑ちゃんの手を引く歩夢
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

少し心が折れていた侑ちゃん。

その手を引っ張り一緒に走り出したのが上原歩夢という熱さ。

どちらかと言えば侑ちゃんに手を引っ張ってもらっていた歩夢

今度は私の番と言わんばかりに侑ちゃんを導いていきます。

背景の美しさも相まって非常に尊いシーン。

いやーこのシーン大好きですねぇ・・・


あなたには私がいる

侑ちゃんと虹ヶ咲スクールアイドル同好会のメンバー
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

虹ヶ咲アイドルメンバーから侑ちゃんに送るステージ。

もちろんファンの為という意味でもあるけど、ここでは侑ちゃんへという意味が強かったはずです。

虹ヶ咲スクールアイドル同好会として9人を繋ぎ合わせてくれた感謝。

そして9人それぞれをアイドルに導いてくれた感謝を。

「客席から見ててほしい。」

このセリフに詰まっていました。

上原歩夢
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
上原歩夢

これからもつまづきそうになることはあると思うけど。

あなたが私を支えてくれたように、あなたには私がいる。

歩夢の成長がヤバすぎる・・・

侑ちゃんの立場を考えると号泣必死ですわ・・・

ここからの最後のライブステージという完璧すぎる流れよ。


『夢がここから始まるよ』が名シーンだらけな件

虹ヶ咲アニメの集大成ともいえる最後のステージ。

9人がそれぞれの個別回で来た衣装でのライブとなります。

しかもこの『夢がここから始まるよ』が12話の最後で流れていた曲という・・・

この件に関しては12話の最後で流れていた曲と侑ちゃんが歩夢に聞かせていた曲は別物

という考え方もあるので、簡単に侑ちゃんが作った曲とは断定はできません。

細かい考察は置いておいて、イントロから全てが大団円に相応しい曲でした。

曲もさることながら、ライブ中のアニメーション演出が私の好きで溢れていたので共有したい・・・!!!!

天王寺璃奈のしっぽ
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

まず入りで各キャラの体のワンポイントを映し出していくシーン

集大成かのように各キャラをただ映すのではなくワンポイントで映すというのがエモさを加速しています。

彼方は下半身。しずくは腕。果林は尻。愛は手のひら。エマは足元。璃奈はしっぽ。せつ菜は腹。かすみは上半身。歩夢は衣装の揺れるリボン。

かすみんだけ顔が出ているというのが、かわいいかすみんって感じだなって。

桜坂しずく
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

曲中で各キャラのソロパートではキャラの個性にあったエフェクトが展開されている件。

アイカツ!を見た事がある方なら分かるとは思いますが、アイドルオーラ的な要素はやはり反応してしまいます。

ソロアイドルだからこそ映える演出だと思いました。

エマ・ヴェルデに抱き着く高咲侑
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

各キャラと侑ちゃんとの思い出が映し出されるシーン。

その中でもやはり取り上げざるをえないのはエマの胸の中で眠る侑ちゃんのシーンですよね。

こんなシーンがあるなら本編でも出せ!!!!!

手を伸ばす近江彼方
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

各キャラが手を伸ばしていくという演出のアニメーション。

彼方ちゃんの手の伸ばし方の省エネ感がいいなって思いました。

こういう手の伸ばし方一つとってもキャラの個性が描かれているんですよね・・・

愛に溢れた作品だなって。

『夢がここから始まるよ』の上原歩夢
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

最後はライブシーンでの振り付けに関してです。

歩夢が後ろを振り返りながら手を差し伸べて、そのまま中央の立ち位置に走り戻るという振り。

個人的にはここがライブシーンで一番好きなシーンですね。

本編でも歩夢が侑ちゃんの手を引っ張っていくシーンとも重なって感情が爆発しました。

手を引っ張っていってもらいたいアイドル部門の1位は上原歩夢に決まりです。


最後のステージという集大成感がこれ程までの詰められるのか。

という嬉しい驚きでいっぱいの最高のステージでした。

高咲侑の腹チラ
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

そりゃこんなの見たら侑ちゃんも腹チラくらい披露しちゃいますわ・・・

(圧倒的感謝・・・)


夢に臨む侑ちゃん

音楽科への転入試験に挑む高咲侑
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

歩夢達から受け取った感謝と応援を背負った高咲侑。

最後のシーンでは音楽科への転入試験を受ける侑ちゃんが映し出され、虹ヶ咲アニメは幕を閉じます。

ここまでの後押しがあるので合格率は100%!

むしろこれで侑ちゃんが転入試験失敗という展開が来たら神経疑うわ・・・。

無くもないけれども。


まとめ

虹ヶ咲スクールアイドル同好会、アニメ、終わってしまった・・・

喪失感と満足感の狭間で揺れ動きながらただいま執筆しております。


第1話を見た時に新しい要素だらけのラブライブに興奮しまくり。

そのテンションのまま13話を見ていたアニガサキ。

正直最初のインパクトが個人的には強すぎたので、

「先細りする可能性もあるな・・・」

という心配もありました。

13話の最終回を見終えて、そんな心配は塵も同然だったなと今思います。

最終回まで虹ヶ咲アニメは最高の走りを見せてくれて、またそれに立ち会えて非常に嬉しい感情でいっぱいです。


あくまで個人的な感想ですので聞き流す程度に聞いて欲しいです。

虹ヶ咲スクールアイドル同好会はラブライブアニメ史上最も面白かった。

あえてこう表現させてもらいます。

それ程までに思える程に素晴らしい作品でした。


秘密のノートや侑ちゃんの試験結果など2期への伏線は万全

ただただ楽しみに待っています!

3カ月間の楽しみをくださったアニメスタッフやキャストの皆さん。

本当にありがとうございました!!!!

虹ヶ咲、愛してるぜ。


ラブライブ虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の2期への考察記事も合わせてどうぞ!

高咲侑の隣にあるボランティアの張り紙

虹ヶ咲アニメ2期は2022年1月から?栞子の入部の伏線も!



第13話『みんなの夢を叶える場所(スクールアイドルフェスティバル)』の詳細情報

あらすじ

スクールアイドル同好会での活動を経て見つけた、初めての夢――。音楽。そのために音楽科へ転科したいという気持ちをみんなに伝えた侑。同好会の一同も侑の想いを応援する気持ちはひとつだ。スクールアイドルフェスティバルのようなすごいことがうまくいけば、自分も夢への一歩を自信を持って踏み出せるかもしれない――そう侑は思う。そしてやってきたフェス当日。ライブステージがお台場の至る所に設置され、みんなのカウントダウンの掛け声と共に、スクールアイドルとファンたちを巻き込んだお祭りがついに始まった。各所で盛り上がる中、街中に響きわたる歌声を聞きながら空を見上げる侑。しかしその時、侑の頬に一滴の雨粒が落ちてくる。

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』アニメ公式HPより

声優キャスト

高咲侑    :矢野妃菜喜
上原歩夢   :大西亜玖璃
中須かすみ  :相良茉優
桜坂しずく  :前田佳織里
朝香果林   :久保田未夢
宮下愛    :村上奈津実
近江彼方   :鬼頭明里
優木せつ菜  :楠木ともり
エマ・ヴェルデ:指出毬亜
天王寺璃奈  :田中ちえ美
演劇部部長  :小山百代
       :鈴代紗弓、嶺内ともみ、麦穂あんな