【甲鉄城のカバネリ】第8話感想 美馬様の笑顔、無名の名前の由来、謎の施設恙所(つつがみどころ)



 

【甲鉄城のカバネリ】第8話、管理人の感想&Twitterでの反応まとめです。

 

ピックアップシーン

 1:容赦無い美馬様

8-1

再び美馬様に見限られた榎久。

おこ状態の榎久(えのく)は美馬様に斬りかかるも、返り討ちに合う。

自分から斬りかかっておいて、助けてくれなんて命乞いもしちゃって。

榎久(えのく)さん、こんな小物役だったなんて・・・

貴重な渋いおじい様キャラが消滅した瞬間である。

 

 2:無名の名前の由来

8-2-1

第6話で幼少期無名ちゃんがやられそうな所に現れたのは、やはり美馬様だった。

しかし、美馬さんがその無名ちゃんに襲ってきた男を倒したのではなく、

無名ちゃん自身がやったみたいですね。

この時に生駒が気になっていた言葉、「弱い奴は生き残れない」と無名という名前を

あげたそうです。

無名という名前の由来も明らかに。

「独りで生きろ、だれにも頼るな。呼ばれるための名前は不要。」から無名。

なんとも悲しい名前です。

 

 3:美馬様?やっぱり・・・

8-3

甲鉄城の親鍵を取ってこいと無名ちゃんに命令する美馬さん。

やっぱりこの人、何か企んでるよー。

無名ちゃんにも、あやめ様から「無理矢理」でいいから取ってこいとの内容から、

甲鉄城を自分の戦力に飲み込もうとしています。

囮にでも使いたいのか・・・?

 

 4:カバネ研究所?

8-4

おいおいおい美馬様、その明らかにヤバそうな物質はなんなんですか?

カバネも大量に飼っているみたいだし、カバネの研究所っぽい場所。

この光っている物質、第6話に出てきた融合群体の中心にあったものと

似ているような気もします。

カバネの卵か何かかな?

 

 5:無名とカバネリと恙所(つつがみどころ)

8-6

先ほどの不穏な施設、恙所(つつがみどころ)というそうです。

更に無名ちゃんは美馬様にカバネリにして「もらった」との発言。

やはり人工的にカバネリになったみたいですね。

美馬様の部下にもカバネリの人がいましたし、もう全員カバネリなんじゃないかな。

 

 6:美馬様の笑顔

8-1-18-5

榎久(えのく)を斬った時の笑顔を生駒は見逃さなかった。

この画像の美馬様、美しいですわー。

怖いけど。

明らかに悪人の笑顔なんだよなー。

これはもう美馬様、ラスボスで確定?

 

感想

あっさりと美馬様の裏の顔が見えてきた今回。

更に無名ちゃんのカバネリ化の謎、無名ちゃんの名前の由来、

カバネ研究所、10年前の戦場で美馬様を置き去りにした事件など、

ストーリーがかなり動きました。

 

今のところ美馬様がラスボス説は濃厚ですが、私はそうではないと考えています。

確かに美馬様は無名をカバネリにしたり、甲鉄城の親鍵を取ってこさせたりと、

不穏な行動は目立ちます。

しかし美馬様の目的は「10年前の戦場で美馬様を置き去りにした事件」にある。

その事件の首謀者が新のラスボスであると考えています。

これはもう間違いない!(根拠無し)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。