【アイカツ!】第2話感想 いちごと一緒に追いかけられるあおいの夢の中で

   

 
耐久握手マシンと霧矢あおいと星宮いちご

 

こんにちは、めにー(@many_anime)です!

【アイカツ!】第2話、管理人の感想まとめです。

(ネタバレを含む内容となっているので、アニメ本編視聴済みを推奨。)

 

アイドルの世界に踏み出したいちごとあおい。

そんな2人が出会うワクワクしたアイドルの世界。

そして厳しい現実が裏にあるアイドルの世界。

その2つが同時に描かれていた素晴らしい2話でした。

あと、あおい姐さんの言葉を借りるなら史料価値が全体的に高めのシーンだらけ。

 

今回の個人的ベストシーン「神崎美月と星宮いちごの初対面」です。

神崎美月と星宮いちご

その中でも史料価値が高すぎる図。

(ピックアップシーン9より)

 

 



『アイカツ!』第2話動画情報

Amazonビデオにて配信中!

 

 

第2話 「アイドルがいっぱい!」

 スタッフ

脚本  :加藤陽一
絵コンテ:矢野雄一郎
演出  :小山田桂子
作画監督:野口寛明、末永宏一

 キャスト

星宮いちご :諸星すみれ
霧矢あおい :田所あずさ
神崎美月  :寿美菜子
光石織姫  :松谷彼哉
ジョニー別府:保村真
星宮りんご :能登麻美子
星宮らいち :瀬戸麻沙美
白藤舞   :奥原彩

 

ピックアップシーン(キャプチャ画像等)

 1:スターライトの制服

スターライトの制服を着る星宮いちごと霧矢あおい 星宮いちごと星宮りんごと霧矢あおいと星宮らいちの記念写真

セーラー服を脱ぎ捨て、スターライト学園の制服に袖を通したいちごとあおい。

個人的にはスカートのベルトのワンポイントがお気に入りです。

いちごちゃんのママ、りんごさんのポーズも色んな意味で決まってます。

 

 2:霧矢あおい入学初日の学園に感激するの図と驚くいちごの図

霧矢あおい入学初日の学園に感激するの図と驚くいちごの図

アイドルを見過ぎてテンションがおかしくなったあおいに押されるいちごのシーン。

ガラケーでの撮影が時代を感じさせる・・・w

 

 3:マスカレード

マスカレード マスカレードの図を見るいちごとあおい

伝説のアイドル、マスカレードのヒメとミヤの像に出会ういちごとあおい。

下から見上げるこの構図がかなりエモい。

そしてこのシーンで流れていた『Wake up my music』。

改めて強いなと実感。

 

 4:織姫学園長とジョニー先生

織姫学園長 ジョニー先生

学園マザーとジョニー先生との初対面シーン。

ジョニー先生の初対面の人にぶつけるには相応しくないテンション。

汚物を見るような目を向けるいちごとあおい・・・w

 

 5:アイカツレッスン!

耐久握手マシンと霧矢あおいと星宮いちご 霧矢あおいと疲れ果てる星宮いちご

いちごとあおいのタイマンオーディションイベントの発生。

初期から中々アイドルの厳しさに直面させるというシリアス要素。

そしてオーディションに向けてアイカツの始まり。

あの有名な耐久握手マシーンの初出シーンでもあります。

くたくたになったいちごちゃんが、ただただ可愛い。

 

 6:いちごと一緒に追いかけられる

幼いころの霧矢あおい 霧矢あおいと星宮いちご

霧矢あおいがアイドルを頑張れる理由。

『私一人で考えてた夢を"いちご"と一緒に追いかけられるって事。それだな、私が頑張れるワケ。』

これ程までの名言、覚えていなかった自分を呪いたい。

あまりにも純愛すぎる。

1話から通して名言しか製造していない、恐ろしいアイカツ。

 

 7:星宮いちごvs霧矢あおい

アイドル活動を歌う霧矢あおい 転ぶ星宮いちご

『アイドル活動!』でタイマンオーディションがスタート。

いちごちゃんが途中で転んでしまうという大失態。

このシーンに感銘を受けたせいで、後程恐ろしいほどのヘイトを向けられるキャラが生まれるとは誰もが想像をしていなかった。

 

 8:霧矢あおいを祝う星宮いちご

ジョニー先生霧矢あおいを祝う星宮いちご

結果としてオーディションは霧矢あおいが合格。

ただその結果を自分の事の様に喜び祝ういちごちゃんがあまりにも聖人。

星宮いちごと霧矢あおいの様な親友関係を持っている人類がどれ程いるだろうか。

そういった意味で私は星宮いちごになりたいし、霧矢あおいにもなりたい。

 

 9:憧れの美月さんと出会って

神崎美月と星宮いちご

星宮いちごと神崎美月の初対面シーン

いちごちゃんに対してアイドル世界の厳しい現状を語る一方。

「来られるかな私のところまで」

と、いちごちゃんに対する期待も添えた会話シーンでした。

今思えば、神々しすぎる構図。

 




 

感想まとめ

アイドルの世界に足を踏み入れた星宮いちごと霧矢あおい。

そのワクワクした世界を取り上げつつも、厳しい世界でもある。

そんな表裏一体なアイドルの世界を上手く描かれていました。

改めて見るとこんなにも話の流れが上手いのかと関心してしまった。

引き込まれるというか5年以上も続いているアイカツというコンテンツ。

その初代である事に納得しかなかった2話でした。

 

やはりこの2話で語るべきはいちごとあおいの固い絆ですね。

あおいがアイドルを頑張れる理由や、オーディションに落ちてもあおいを祝ういちご。

自身の損得なんて物はこの2人の間に全くもって見当たりません。

本当の友情とはこの2人の事なんだなと。

現実世界に目を向けるのが嫌になるくらいの美しさを感じました。

 

そして2話のアイカツ格言はこちら。

全ては今日からのレッスンにかかっている

「全ては今日からのレッスンにかかっている」

目標に向かうなら今すぐに行動、そして努力を怠らない。

大事だけれども、だからこそ実行が難しい2つの意味が含まれている金言です。

アイカツ格言に照らし合わせた自己啓発本とか出した方がいいな。これ。

 

(コメント欄に感想など残してくれると嬉しいです!)

 

関連グッズ

アイカツ!1stシーズン Blu-ray BOX1
Happinet(SB)(D) (2014-11-05)
売り上げランキング: 778

 

 


 

 - アイカツ!, アニメ感想まとめ


アイカツ!の最新記事

アイカツフレンズ!のライブイベント『BEST FRIENDS!スペシャルLIVE〜Thanks⇄OK~』 参加レポート!アイカツフレンズ!のライブイベント『BEST FRIENDS!スペシャルLIVE〜Thanks⇄OK~』 参加レポート!

【アイカツ!】第8話感想 三ノ輪ヒカリと紫吹蘭の再戦を求ム!【アイカツ!】第8話感想 三ノ輪ヒカリと紫吹蘭の再戦を求ム!

【アイカツ!】第7話感想 キラキラッターの声より頼りになる声【アイカツ!】第7話感想 キラキラッターの声より頼りになる声

【アイカツ!】第6話感想 サインが『書ける』だけじゃアイドル失格!【アイカツ!】第6話感想 サインが『書ける』だけじゃアイドル失格!

【アイカツ!】第5話感想 紫吹蘭ちゃんがまだ美しき刃だったころのお話【アイカツ!】第5話感想 紫吹蘭ちゃんがまだ美しき刃だったころのお話

アニメ感想まとめの最新記事

【アイカツ!】第8話感想 三ノ輪ヒカリと紫吹蘭の再戦を求ム!【アイカツ!】第8話感想 三ノ輪ヒカリと紫吹蘭の再戦を求ム!

【アイカツ!】第7話感想 キラキラッターの声より頼りになる声【アイカツ!】第7話感想 キラキラッターの声より頼りになる声

【アイカツ!】第6話感想 サインが『書ける』だけじゃアイドル失格!【アイカツ!】第6話感想 サインが『書ける』だけじゃアイドル失格!

【アイカツ!】第5話感想 紫吹蘭ちゃんがまだ美しき刃だったころのお話【アイカツ!】第5話感想 紫吹蘭ちゃんがまだ美しき刃だったころのお話

【アイカツ!】第4話感想 推しアイドルに出会って触れてヘイトを集めて【アイカツ!】第4話感想 推しアイドルに出会って触れてヘイトを集めて

スポンサーリンク

スポンサーリンク