【天使の3P!】第12話感想 やっぱり最高だな(小学生とする)音楽は!

   

 
12-16

 

【天使の3P!】第12話、管理人の感想&Twitterでの反応まとめです。

(ネタバレを含む内容となっているので、アニメ本編視聴済みを推奨。)

 

リヤン・ド・ファミユと小梅バンドの対バンの日が迫る。

リヤン・ド・ファミユは潤が作曲した新曲を追加しての参戦。

小梅バンドはアウェイかつ、初ライブという逆境の中。

対バン対決を制したのは・・・

今回の個人的ベストシーン「釣りをする桜花と響」です。

12-9

激しい絡みだった・・・w

(ピックアップシーン4より)

 



第12話 「音楽を好きにならずにいられない」

 スタッフ

脚本   :雑破業
絵コンテ :藤澤俊幸
演出   :いわたかずや
総作画監督:野口孝行
作画監督 :藤澤俊幸、松尾真彦、渡辺奏、佐藤麻里那、森出剛、大木賢一、佐藤篤志

 キャスト

五島潤   :大野柚布子
紅葉谷希美 :遠藤ゆりか
金城そら  :古賀葵
貫井響   :井上雄貴
貫井くるみ :日高里菜
鳥海桜花  :伊藤かな恵
佐渡正義  :大川透
尾城小梅  :花澤香菜
相ヶ江柚葉 :井口裕香
石動    :香山ゆかり
水野    :星乃葉月
      :村上聡

 

 

ピックアップシーン(キャプチャ画像)

 1:マスターの親心

曲作りする潤と希美とそら佐渡正義

作曲をする潤、希美、そらを見て成長を感じるマスター。

潤達の成長に嬉しさもあるが、どこか寂しさも感じている。

そんなセンチメンタルなシーン。

彼氏とか連れてきた日には卒倒しそうだ。

 

 

 

 2:傍観者柚葉

貫井くるみ尾城小梅相ヶ江柚葉

響を巡って言い争いをする小梅とくるみ。

安定の展開。

そしてその喧嘩を非常に楽しそうに見物する柚葉の図。

小梅バンドのメンバー、相性はバッチリ。

 

 

 

 3:のぼせた潤たん

のぼせた五島潤

お風呂でのぼせてしまった潤たん

タオル1枚でソファに横たわる素晴らしい光景が・・・

最終回も忘れずサービスショットの挿入。

このアニメは本物。

 

 

 

 4:後ろから・・・

鳥海桜花と貫井響鳥海桜花と貫井響の脚釣りをする鳥海桜花と貫井響

釣りをしているだけ。

なのに響の腰と桜花の腰が激しくぶつかり合うという不思議な光景。

響がワザとやっているとしかもう思えないな・・・w

響の天然ぽい普段の素振りはこういう事をする為の布石説。

 

 

 

 5:石動と水野

石動水野

第4話などで登場した桜花の友達さん。

最終回で初めて会話してくれた・・・

私は特に水野さん(眼鏡っ子)が好きなので、本当に嬉しかったです。

もっと出番を与えて欲しかった( ;∀;)

 

 

 

 6:小梅バンドの大切がきこえる

ライブ中の相ヶ江柚葉ライブ中の貫井くるみライブ中の尾城小梅ライブ中の相ヶ江柚葉と貫井くるみと尾城小梅霧夢が描いたリヤン・ド・ファミユ

小梅バンドの曲は『大切がきこえる』。

響のバックトラックとくるみのピアノが入ったアレンジバージョン。

アレンジ次第で同じ曲でもこんなに変化するんだなと。

今回のアレンジが一番私好みですね。

そして霧夢こと小梅ちゃんが描いたのはリヤン・ド・ファミユの3人

鳥肌立ちましたね・・・小梅ちゃんここで3人を描くのはあまりにも粋すぎる。

 

 

 

 7:ファーストテイク

ライブ中の金城そらライブ中の紅葉谷希美ライブ中の五島潤ライブ中のリヤン・ド・ファミユ

潤が作曲をした『ファーストテイク』。

この曲を小学生が作ったのか・・・

潤達に生産性で既に負けた気がした・・・w

最終回にふさわしい良曲でした。

 

 

 

 8:イジり甲斐のある小梅

金城そら尾城小梅

潤、希美、そらをライブ中に描いたことに、そらから言及される小梅。

そして「小梅ちゃん」と呼ばれて怒る小梅。

なんてイジり甲斐のある子だろうか。

特にくるみちゃんの煽りの意志を込めた小梅ちゃん呼び最高だった。

 

 

 

 9:やっぱり最高だな音楽は

貫井響

しみじみと音楽は最高とつぶやく響。

てっきり小学生は最高と、ロウきゅーぶ要素を醸し出すフェイント。

小学生が最高というのは、言うまでもないって事でいいか?

 

 

 




 

感想まとめ

小学生の生態をじっくりと観察できる最高のアニメ。

とうとう最終回を迎えてしまいました・・・

可愛い潤たん達にもう一度会いたいよ・・・

 

ラスト2話で結成された小梅バンド。

もう少し彼女たちの活動を見たかったですね。

小梅バンドのオリジナル曲もまだありませんし・・・

2期に期待するしかない。

 

『天使の3P!』という名前のインパクト。

それに負けないくらい濃厚だったストーリーとキャラクター。

ただ小学生の可愛さを押し出すだけではなく、バンドの描写も素晴らしかった。

曲も良曲しかない。

何とかこの続きをアニメでまた見たいです。

 

スタッフ&キャストの皆さま、3ヵ月間非常に楽しませていただきました!

当ブログの『天使の3P!』感想記事を見て下さった方々もどうもありがとうございました!

いつか来るであろう2期で、またお会いしましょう!!!!

 

(コメント欄に感想など残してくれると嬉しいです!)

 

 

 

関連グッズ

天使の3P! (電撃文庫 あ 28-11)

天使の3P! (電撃文庫 あ 28-11)

posted with amazlet at 17.07.11

蒼山 サグ
アスキー・メディアワークス (2012-06-08)
売り上げランキング: 5,859

 


 

 - アニメ感想まとめ, 天使の3P!


アニメ感想まとめの最新記事

【アイカツフレンズ!】第4話感想 シュガーメロディに恋したアイドルに背中を押されるデザイナーのお話【アイカツフレンズ!】第4話感想 シュガーメロディに恋したアイドルに背中を押されるデザイナーのお話

【アイカツフレンズ!】第3話感想 みおちゃんに必要なのはピンクの差し色とぺん様【アイカツフレンズ!】第3話感想 みおちゃんに必要なのはピンクの差し色とぺん様

【アイカツフレンズ!】第2話感想 夢みたいなラブミーティアのステージを見て【アイカツフレンズ!】第2話感想 夢みたいなラブミーティアのステージを見て

【アイカツフレンズ!】第1話感想 走り始めたあいねとみおが作る新しい伝説【アイカツフレンズ!】第1話感想 走り始めたあいねとみおが作る新しい伝説

【アイカツスターズ!】第100話感想  ひとの数だけ光る何十億のスタートライン!【最終回】【アイカツスターズ!】第100話感想 ひとの数だけ光る何十億のスタートライン!【最終回】

天使の3P!の最新記事

【天使の3P!】第11話感想 小梅と柚葉とくるみで打倒リヤン・ド・ファミユ【天使の3P!】第11話感想 小梅と柚葉とくるみで打倒リヤン・ド・ファミユ

【天使の3P!】第10話感想 5人の小学生と1人の高校生に求婚されるポエマー【天使の3P!】第10話感想 5人の小学生と1人の高校生に求婚されるポエマー

【天使の3P!】第9話感想 島民を愚民と罵倒するドSな霧夢ちゃん【天使の3P!】第9話感想 島民を愚民と罵倒するドSな霧夢ちゃん

【天使の3P!】第8話感想 鹿に襲わせれば大丈夫という抜け道発想【天使の3P!】第8話感想 鹿に襲わせれば大丈夫という抜け道発想

【天使の3P!】第7話感想 相ヶ江柚葉の素晴らしい日焼け跡【天使の3P!】第7話感想 相ヶ江柚葉の素晴らしい日焼け跡

スポンサーリンク

スポンサーリンク