【プリンセス・プリンシパル】第7話感想 ちせによるジャパニーズアイロン捌き

   

 
7-13

 

【プリンセス・プリンシパル】第7話、管理人の感想&Twitterでの反応まとめです。

(ネタバレを含む内容となっているので、アニメ本編視聴済みを推奨。)

 

洗濯工場に潜入したアンジェ達。

そこで遭遇したのはポンコツな機械を使って働く少女達。

不良キャラで突っ走るアンジェ。

マネーパワーを見せつけるプリンセス。

ドロシーによるお色気営業塾。

ベアトリスの1日メンテ。

ちせの日本布教。

洗濯工場は生まれ変わるのか!?(目的のすり替わり)

今回の個人的ベストシーン「プリンセスを守るアンジェ」です。

7-6

恐らくこの時のアンジェは演技では無く本気。

 

 



第7話 「case16 Loudly Laundry」

 スタッフ

脚本   :大河内一楼
絵コンテ :橘正紀
演出   :大森祐紀
総作画監督:鶴窪久子
作画監督 :高橋あやこ、金丸綾子

 キャスト

アンジェ   :今村彩夏
プリンセス  :関根明良
ドロシー   :大地葉
ベアトリス  :影山灯
ちせ     :古木のぞみ
L      :菅生隆之
7      :沢城みゆき
大佐     :山崎たくみ
ドリーショップ:本田祐之
マリラ    :古川由利奈
リタ     :宮本佳那子
メリージェン :引坂理絵
フランキー  :もりいくすお
アンソニー  :杉崎亮
ケニー    :野瀬育二
社長     :相馬康一
少女     :荻野葉月、鈴木絵里、和多田美咲

 

 

ピックアップシーン(キャプチャ画像)

 1:アンジェのキャラ設定

ベアトリスとドロシーとちせとプリンセス不良を演じるアンジェ

任務で洗濯業者に潜入することになったアンジェ達。

アンジェ以外は名前を偽る程度の偽装工作。

しかしアンジェだけは違った。

アリスという偽名だけでなく不良少女というキャラ設定も練り込む。

素晴らしいプロ意識。

 

 

 

 2:設備がポンコツ

リタマリラ

多めの休憩はマリラ達の怠慢ではなく、機械を休ませる為。

マリラ、そしてリタの腕の傷は機械による火傷の様です。

なんという劣悪な労働環境だろうか・・・

 

 

 

 3:力のアンジェと財力のプリンセス

フランキーとプリンセスプリンセスとアンジェ

経営状況が良くないマリラ達の洗濯業者を買い取る宣言をしたプリンセス。

そんなプリンセスに近づく借金取りを力でねじ伏せるアンジェ。

実に素晴らしいコンビネーションだ・・・w

 

 

 

 4:ベアトリスの神メンテナンス

ドロシーとアンジェとベアトリスとプリンセスとちせ

施設内の機械のメンテナンスを1日でやってくれたベアトリス。

機械狂いの父親の血が役に立つという、皮肉な展開ですが・・・w

フラフラなベアト、ぐうかわ。

 

 

 

 5:可愛い子ちゃんによる営業

ドロシーリタ達リタ

今も昔も変わらない男の弱点

それは可愛い女の子。

ドロシー隊長による営業作戦は見事に大成功。

リタちゃんもぐうかわ美少女に変身を遂げます。

元から可愛かった気はしますが。

 

 

 

 6:ハチマキ

ハチマキを巻いたマリラ

ちせによる日本要素、ハチマキ

こういう風に日本の文化を見てみると、どれもこれも変だなと・・・w

あとハチマキを巻くなら髪の下から巻いてくれ。

気になって仕方がない。

 

 

 

 7:アイロン無双

アイロンで戦うちせアイロンで戦うちせマリラ

潜入してきた男が放った弾丸を弾くアイロン。

ナイフ相手に渡り合うアイロン。

アイロン、見直した。

ちせのアイロン捌きは師であるマリラを既に超えている説。

 

 

 

 8:マリラ社長の誕生

プリンセスとマリラマリラちせとドロシーとアンジェ

プリンセスからマリラに引き継がれた社長。

スパイ活動がバレ、ちせとは会えなくなってしまったがハチマキに

と誓うマリラ。

短い期間でしたが、洗濯工場とアンジェ達の絆は確かなものに。

 

 




 

感想まとめ

スパイの仕事を果たす傍らで、洗濯工場の経営コンサルタントもするアンジェ達。

もうスパイ業は辞めて、別の仕事をした方がいいんじゃないだろうか?w

用心棒のアンジェとちせ、財力のプリンセス、技術力のベアトリス、ファッションリーダーのドロシー。

無敵の人材体制。

 

ちせのジャパニーズカルチャーの押し売り、7話も目立っていました。

あの流れ、実は私は少し苦手なんですよね・・・w

西洋人から見たら日本の文化はこう映っているんだ・・・と認識して恥ずかしくなってしまう。

あとアイロンで銃とナイフに渡り合うのは日本人要素だったのかは気になるところ。

もしそうなら日本人は文化だけでなく戦闘力も変態という、少し誇らしい気分になれるなと。

少し、あくまで少しですが。

 

(コメント欄に感想など残してくれると嬉しいです!)

 

 

 

関連グッズ

プリンセス・プリンシパル I (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2017-09-27)
売り上げランキング: 4,980

 


 

 - アニメ感想まとめ, プリンセス・プリンシパル


アニメ感想まとめの最新記事

【ボールルームへようこそ】第20話感想 明と峰さんペアの怖くて楽しい笑顔【ボールルームへようこそ】第20話感想 明と峰さんペアの怖くて楽しい笑顔

【ボールルームへようこそ】第19話感想 明が千夏に抱いた禁断の感情【ボールルームへようこそ】第19話感想 明が千夏に抱いた禁断の感情

【妹さえいればいい。】第7話感想 肌色多めの神シナリオTRPGセッション【妹さえいればいい。】第7話感想 肌色多めの神シナリオTRPGセッション

【妹さえいればいい。】第6話感想 アニメ化は原作者にとって諸刃の剣【妹さえいればいい。】第6話感想 アニメ化は原作者にとって諸刃の剣

【アニメガタリズ】第7話感想 アニメの勝利を確信したアリス(フラグ)【アニメガタリズ】第7話感想 アニメの勝利を確信したアリス(フラグ)

プリンセス・プリンシパルの最新記事

【プリンセス・プリンシパル】第12話感想 2羽のコキジバトによる愛の逃避行【最終回】【プリンセス・プリンシパル】第12話感想 2羽のコキジバトによる愛の逃避行【最終回】

【プリンセス・プリンシパル】第11話感想 アンジェとプリンセスのイタズラ再び【プリンセス・プリンシパル】第11話感想 アンジェとプリンセスのイタズラ再び

【プリンセス・プリンシパル】第10話感想 委員長からのクリスマスプレゼント【プリンセス・プリンシパル】第10話感想 委員長からのクリスマスプレゼント

【プリンセス・プリンシパル】第9話感想 日本人スパイちせの西洋学園奮闘記【プリンセス・プリンシパル】第9話感想 日本人スパイちせの西洋学園奮闘記

【プリンセス・プリンシパル】第8話感想 アンジェとシャーロットの昔話【プリンセス・プリンシパル】第8話感想 アンジェとシャーロットの昔話

スポンサーリンク

スポンサーリンク